ご依頼・ご相談はこちらから
03-3431-4488
受付時間 平日9:30~17:30
メールでのお問い合わせ

弁護士費用について

弁護士報酬・費用の種類

着手金:事件を受任した時点で、お支払い頂く費用です。
報酬金:事件が終了した時点で、成功の程度に応じてお支払いいただく費用です。
実費 :事件処理にかかった謄写費用、切手代、印紙代などの実費です。

弁護士報酬の支払時期

着手金::事件の依頼を受けたとき
報酬金:事件の処理が終了したとき
実費 :原則として事件受任時に予納していただき、事件終了時に精算

法律相談料

30分 5,000円~
事件を受任した場合には法律相談料は無料です。

民事事件

着手金、報酬金とも事件の経済的利益に応じて算出します。
標準額は下記表のとおりです。下記表は、あくまで訴訟事件の標準的な金額を定めたものです。
事件の内容、事件処理にかかる時間、依頼者の利益などを考慮して増減することがあります。

経済的利益 着手金(最低額10万円) 報酬金
300万円以下 経済的利益の8% 経済的利益の16%
300万円~3000万円 経済的利益の5%+9万円 経済的利益の10%+18万円
3000万円~3億円 経済的利益の3%+69万円 経済的利益の6%+138万円
3億円~ 経済的利益の2%+369万円 経済的利益の4%+738万円

刑事事件

起訴前、起訴後とも着手金30万円~、報酬金30万円~が標準額です。
事件の内容(争いの有無等)、獲得目標など事案の内容によって増減することがあります。

※上記各金額はいずれも外税表記です。

ページの先頭へ戻る